折り筋加工について

TOP > ウエディング > 折り筋加工について

紙図鑑の紙には標準では折り目は入っておりませんが、
有料オプションとして折り筋入れを追加できます。
  追加できるのは「中」、「厚」、「超厚」の厚さのみ。
  選べる折り方は次の3種類です。(サイズにより選択肢は変わります)
  以下の折り方で折りやすいように折り筋を入れます。商品は折りたたまずに、平らな状態でお届けします。
二つ折り
三つ折り
四つ折り

【二つ折り】
【巻三つ折り】
(両端が中央部より1mm程度短くなります)
【四つ(観音)折り】
(両端が中央部より1〜2mm程度短くなります)

  
  オモテと裏が異なる紙は、
「厚」・「超厚」の厚さの紙は、折ったときにオモテ面が外側に来るように加工します。
「中」の厚さの紙は、選択肢で[オモテ面を外]か[オモテ面を中]か選べます。
  (紙図鑑が使用している加工機は、折り筋の凹んでいる方を谷折りにすることを推奨しています)
  料金は、用紙1セットあたり
二つ折りは100円(税抜)・三つ折りは200円(税抜)・四つ折りは300円(税抜)
が紙代に追加されます。
 ご注文は、紙の詳細ページで、用紙サイズ選択肢の下にある
[折り筋入れ加工(有料)]選択肢からご希望の折り方を選んで下さい。
  注意
  ※ 折り筋加工した商品は、ご注文後のキャンセルや返品はできません。
  ※ 手動式の機械を使い1枚ずつ手作業で加工するので、折ったときに多少のズレが生じることがあります。
  ※ 古いプリンタや使用頻度の高いプリンタは、プリンタ内部が汚れていて、折り筋の部分が汚れることがあります。
  ※ 折り筋の上やすぐ近くまで印刷するようなデザインの場合も汚れがつくおそれがあります。
  ※ プリンタによってはプリンタ内部を清掃する機能や、こすれを防止する機能がある機種もあります。
お使いのプリンタのマニュアルなどをご参照下さい。